同じ値段と間取りならいい立地に住める

新たに住宅を購入するとき、一戸建てにするかマンションにするかの選択があります。家族がある程度決まれば必要な広さ、間取りが決まります。収入などから買える金額もある程度決まります。同じ金額で同程度お間取りを利用できるとき、戸建てとマンションはどちらの方が良いかです。マンションは小さい敷地で多くの住民が暮らせる仕組みになっています。通常土地は駅の近くなど立地のいいところだと高くなりますが、マンションだと一戸当たりの負担額が少なくなります。そのため、一戸建てに比べるとよりいい立地に住めます。駅に直結しているタワーマンションといえば非常に高いイメージがありますが、同じ立地で一戸建てを建てようとするととんでもない土地代になるでしょう。マンションなら何とか手が出せます。

将来的にも住みやすいバリアフリー

一戸建ての住宅は、土地の広さにもよりますが通常は2階建てや3階建てになります。2階や3階に移動するには階段が必要になります。足腰が丈夫な時は特に移動に苦労はありませんが、高齢になってくると少しつらく感じるかもしれません。マンションは、自分の住んでいる階まではエレベーターで移動できます。自分の住んでいる階まで行けば後は階段の昇降はありません。自宅内はフラットな状態なので、一戸建てに比べると楽に住めます。若い時だけでなく、高齢になったときでも負担がかからないのがいいところでしょう。新しい物件になるほどバリアフリーが考慮されています。車いすですべての部屋に簡単に移動ができる設計になっているところもあります。

ファミリーで住みやすい条件が揃っているところといえば東川口のマンションです。駅の近くには学校があり、スーパーや飲食店も充実しています。