分譲型別荘地のメリット・デメリット

分譲型別荘地のメリットとして「インフラが整っている」といった点が挙げられます。
電気・水道の引き込みにあまり費用がかかりません。また、食品や日用品を販売している店舗が近くにある事で快適に暮らす事が出来ます。一般的な住宅街のように区画整理されている別荘地も多く予算に合わせた敷地面積の土地の購入が可能です。
一方、「インフラ整備されている事で街の景観が住宅街とあまり変わらない」といったデメリットが存在します。コンクリート造建物や電柱等が多くある別荘地も珍しくありません。

別荘用更地のメリット・デメリット

別荘用更地は、分譲型別荘地とは異なり区画整理がされていないので土地周辺に自然が多く残されています。周囲の自然を活かしたデザインにしたり自然の中でゆっくりとした時間を過ごせる等のメリットがあります。また、分譲型別荘地と比較すると土地価格が安くなっている事で建物に予算を多く割けるといった点も魅力の1つです。
周囲のお手入れが必要になる可能性がある事がデメリットとして挙げられます。落ち葉の処理や積もった雪の除去等、自然に囲まれているのである程度手間がかかってしまう点に注意が必要となります。事前に管理会社のサポート体制を調べておくと良いでしょう。

別荘の土地選びはライフスタイルで決める!

分譲型別荘地と別荘用更地にはそれぞれ違ったメリット・デメリットがあります。
別荘を購入する際には「都市型のライフスタイルを維持したセカンドライフ」や「自然を満喫するアウトドア用」等、目的に合わせた土地選びが重要となります。

中古の別荘は物件の数が多いので、理想的な条件を明確にしておきましょう。中には、自然が豊かで、風光明媚なエリアに建てられた別荘もあります。