別荘地選びに失敗すると

別荘地があるような場所というのは、避暑地・避寒地としては素晴らしいものの、なんらかの不便さや問題も抱えた地域もあります。例えば関東圏で言うと、冬の気温が北海道並みの寒さになる富士山・八ヶ岳付近では1月・2月に水道管の凍結・破裂により、上水道が使えなかったりトイレが使用不能になる場合がよくあります。そして、そのことを知らずに憧れだけで別荘を買ってしまうと買った後で大きな後悔をするリスクがあるほか、結果的に売却する形にもなり兼ねません。

賃貸物件でまず適性をチェックする

そのため、低価格な小さい別荘を買う場合は別として高額な別荘を購入する場合は、いきなり購入するのではなくまずは現地の住み心地を実際に確かめる形も良いと言えます。具体的には、例えばその別荘地内の貸別荘を四季それぞれの季節に短期で借りて別荘に滞在します。特に別荘のある場所は冬の生活が厳しい傾向のため、冬は出来るだけ長期間滞在するとその地域で暮らすことの大変さが浮き彫りになる場合があります。その際は、その場所の別荘を買うのを中止し、新たに候補地を探すという形もおすすめです。

貸し別荘を転々とするという方法もあり

もし貸別荘を借りてみて、ホテルのように利用できる貸別荘の便利さを気に入った場合や、年間の別荘滞在予定日数の少なさが気になる場合、管理まで考えると別の考え方もあります。それは、別荘を建てるのではなく毎年違う別荘地の貸別荘を借りて、日本の色々な素晴らしい別荘地での生活を出来るだけ多く味わい尽くすという形です。そしてもし転々とするつもりだったものの、際立って気に入った場所が見つかった場合は、方針転換してその場所の別荘を買うという手もあります。

札幌市中央区の賃貸についてですが、やはり電車の駅から徒歩圏内の物件が大変人気があります。また学校やスーパー、銀行や病院が近いのも好条件です。